So-net無料ブログ作成
検索選択
変な看板等 ブログトップ
前の10件 | -

茨城でこんなまぎらわしい看板を発見! [変な看板等]

発見!って程じゃないんだけどさ。

昨年の夏の話ですが、茨城でのライブで一週間ホテルに泊まっていた訳ですが
日中は毎日運動していました。




2010072910490000.jpg

そしたら交差点を挟んで2件の店舗があってさ。




2010072910480001.jpg

ひとつは「てらしま」って言うお酒と薬をメインに売ってる
ストアー。




2010072910480000.jpg

もう一件は皆もご存知のファッションセンター「しまむら」



いやいや良く見ると(よく見なくても)書体も似てるしさ、
まぎらわしいよね。


でも素敵。


ひたちなか万歳!


今年の夏もホテルの営業やりたいな・・・



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

このメニュー読みづらくない? [変な看板等]

先日、中野駅に行ったんだ。

バス停で待っていたんだけどその前が「立喰いそばや」さんなんだ。


CIMG6835.jpg



そこの手書きのメニューなんだけど・・・・





CIMG6832.jpg

もう少し丁寧に書いた方が良いような・・・
はたまた達筆なのか?

これじゃ「おしながき」じゃなくて「なぐりがき」?って感じ。

「山田く~ん、あんちゃん・☆の座布団、2枚持っていきなさい!!」




UK出発まであと14日!







nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

来た~~!!変な看板! [変な看板等]

さて、実はこの看板、前から目をつけていたのですが
環状七号線沿いにあるので自動車で走行しながらの
写真撮影で、撮ること5回!

ようやく読める程度に撮影成功しました。


ちょっと怪しい薬局なのですが・・・



CIMG6608.jpg




看板の右下をよ~く見ると・・・



CIMG6610.jpg


「アムツ」?????


違うんです。これ「マムシ」って書いてあるんだよ。

周りに書いてある文字から想像して「マムシ」だろうって思いました。


しかし、読めないよね、このカタカナ・・・・

「スッポン」も「スッポリ」に見えるしね。


かなり嬉しいです。
「あんちゃん・☆日記」のために書いてくれたようだわ~



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

久しぶりの変な看板?? [変な看板等]

CIMG41.jpg

う~ん、「押されて・・・」ねぇ~




CIMG5496.jpg

中華料理の「韓国式」っていったいどっち?


「インド風日本のカレー」の親戚か?(笑)↓
http://ringostarr-anchan.blog.so-net.ne.jp/2005-05-30
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

このはり紙、変かも? [変な看板等]

ある小さな商店の軒先に貼ってあった「店じまい」のはり紙です。




CIMG2281.jpg


「都合により廃業しましたのでよろしくお願い申しあげます」


廃業するのに「都合により」はいるのかな?都合なく廃業しない気がするけど。
店をやめるのに「よろしく」なのかな?
これじゃ暴走族がよく「オレ、辞めますんでそこんとこヨロシク!」みたいじゃない?
(違うか?)

一般的にはお客様に対して「今までありがとうございました」とか書く方がよさそうだけどね。

こんな文章だと深い意味があるんじゃないかと思ってさ、
「どんな都合」なのか益々知りたくなるわ。
それが狙いだったりしてネ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

不思議なスジャータ [変な看板等]

先日浮気して「ロッテリア」に行ったんだ。
そう、例の「絶品ベーコンエッグバーガー」がどんだけのものか
調べにね。


それについての解答はここでは伏せさせてもらいますが
その時にミルクティーを頼んだんだ。



CIMG4999.jpg

そしたらスジャータが付いてきたのだが
フタの部分をよ~く見ると
「10月10日の花 まつたけ 控えめ」とあった。

10月10日は僕の誕生日だけど、そのあとがなんだかよくわからないね(笑)
「まつたけ 控えめ」じゃ「しいたけ」くらい?


他にもスジャータのトラックの後方にも・・・・



続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

公衆トイレで [変な看板等]

トイレネタは久しぶりかな。

年末に用があって東京駅に行ったんだ。

そこで地下街のトイレで見つけたのが
個室の中に着替え用のスチールの台(踏み台って言うのかな)があったんだ。


CIMG5053.jpg

写真の個室内の右下に写ってる白いスチールの折畳みの板




よ~く見ると・・・



CIMG5052.jpg


なんで?




続きを読む


文具売り場の試し書き [変な看板等]

筆ペン売り場に試し書きが出来るところがあったんだ。
(良くあるよね)



CIMG4865.jpg


なぜか「ごま」「ごま」「ごま」・・・

不思議

イギリスで見つけた変わったものなど その5 [変な看板等]

今度こそ「イギリスで見つけた変わったもの」の最終回です。


そのイギリスはリヴァプールに2008年2月にオープンした
高級ホテルの「ハードデイズナイトホテル」の話です。

前回は部屋のドアの建付けについて文句を書いたわけですが
最終回はこのホテルの水廻りだ。

凄いんだから!


CIMG3574.jpg

浴室入り口からみたところ。
左側に浴槽、右側に洗面台、その奥にトイレという3点仕様。




先ずは浴室。
浴槽に落とし込み(お湯を溜めるための蛇口)が付いているんだけどそれと切替にシャワーが出るんだ。
(日本でも良くある「シャワー水栓金具」です)


このシャワーが固定式でね。




CIMG3502.jpg

これ、天井近くに付いてるんだ。ちょっとシャレててさ、シャワーヘッドも大きくてね。
そうね、直径200ミリくらいはあったかな。もちろん固定式。

それで水圧が弱いのか、給湯器の容量が小さい(16号とか?)のか
(日本のホテルでは後者は考えられないが)
お湯の出が非常に悪いところに直径200ミリのヘッドから出るお湯はパラパラ状態なんだ。
しかもお湯のまとまりも悪いのでお湯が散らばっちゃって全く頭なんか洗えないんだよ。
機能性ゼロ!カッコだけ。



CIMG3576.jpg

よ~く調べてみると写真の矢印のところからホースが外れる事が判明!
ここから外してホースを持って頭を洗うのが最良だった。
もちろん洗いづらいがシャワーよりは断然良かった。

だから他の部屋の方達にも教えてあげた。

それからこの写真を見てもらうとわかると思うけど浴室を使用していると洗面側に
水がはねないように硝子の片開きのドアの様な物が付いているんだよ。

これがまた頭悪くてさ~

この硝子の扉を開いていくと・・・・・




CIMG3575.jpg

見事に矢印のところが洗面陶器にガチャン!!って当たるわけ。

これ、間違いなく割れるよ。時間の問題だね。
日本じゃありえない話です。


更に今度は洗面台ですが・・・



CIMG3570.jpg

これがその洗面台。
一件全く問題なさそうに見えますが、水を出すと・・・



CIMG3571.jpg

そう、水を出すと水が前向きに出る訳。(手前にね)
しかも、洗面器の水が当たる所が斜めになってるからその水がはねてお腹の辺りが
びしょびしょになるシステム。

これは泊まってる皆が「良くない!」って言ってた。

仕方ないのでバスタオルエプロンの様にして手を洗ったりしていた。

でさ、バスタオルも異常なまでに大きいんだよ。
1800X900ミリくらいあって(畳1枚の大きさ)更に生地が分厚いときている。
風呂上りに頭とか拭きたいんだけど厚いし重いしで、マジで使いづらかった。


さ~て、最後はメインのトイレだ。



CIMG3573.jpg

右奥にセットされた洋式トイレなんだけど壁にシルバーのパイプみたいのが見えるでしょ。

これ、いわゆるパネルヒーターみたいなものでさ。
中に熱いオイルが水か廻っててタオルなんかここに掛けておくと直ぐに乾くんだよ。
浴室内も暖かくなってさ。

このパイプ、一体何度あるんだ?ってくらい熱い!一瞬触っただけでも超熱いんだよ。

だがしかし、だがしかし・・・

これ見て!



CIMG3572.jpg

便器に腰掛けると右肩がこれにバッチリ触っちゃって座れないんだよ!!

小柄な日本人の僕でさえ便器に座ると上半身は45度左に傾けていなきゃならない状態。
これがヨーロッパ人ならどういうことになるのだろう?

一体イギリス人の職人や現場監督は何をやっているんだろう?

頭悪すぎじゃない?

って事は昔も今も変わってないよね?何も改善しないんだから。

「イギリスの方はなぜこんな不便な状態で大丈夫なんですか?」って訊ねたところ
「イギリス人はある意味不便を楽しむ人種なんです」だって。

う~ん、逆切れ?

色んな意味でカルチャーショックを受けました。



さてさて、最後に僕が見た全てのイギリスのマクドナルドを紹介します。


CIMG3761.jpg



CIMG3701.jpg




CIMG3700.jpg




CIMG3479.jpg




CIMG3296.jpg
このマック、18年前に来たときと同じ場所にまだあった。(リヴァプールにて)


最後まで読んでもらってありがと~~~



文句言いながらもイギリスに感動し、演奏も楽しくやって大満足で帰ってきた
僕なのでした~

ではまた。
nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリスで見つけた変わったものなど その4 [変な看板等]

さて、今回がUK変なものの最終回!

って言うか、「マジで、おかしいよ、これ!」ってもん特集です。


先ずはジョンが好きで通ったレストラン
先日のBSテレビ「リヴァプール特集」(だっけ?)でも紹介されてたお店です。



CIMG3529.jpg

ここね。




CIMG3538.jpg

男子トイレ大理石で凄くってね。それが「売り」らしいんだけど
トイレのはるか手前から臭いんだよ。(トイレ臭い)

レストランでそんな事良いのかよ?って感じでした。

確かに小便器の大理石は立派でしたが向かい合わせに洗面器があって
そこで驚き!



CIMG3539.jpg

手を洗おうと水を出すと洗面ボウルの端っこギリギリのところに水が出るんだ。
(蛇口がとどいてない)
いや、半分くらいは洗面台トップの面に流れてたわ。
だから指先しか洗えないんだ。

普通なら蛇口がもっと洗面ボウルの中の方まで伸びていないと使えないでしょ。

だから常に洗面台のトップはびしょ濡れ。

建築中にこれで工事しちゃった設備屋さんも設備屋さんだが、
OKだした現場監督もたいしたもんだ(笑)
日本じゃありえない話だと思う。

しかも混合栓じゃないんだよ。お湯と水が別々の蛇口から出るんだ。
しかもこんなに蛇口が離れてるんだよ。

水を少し手ですくっておいてお湯を入れて手の中で混ぜて使うしかない。

間違ってお湯の方を先に手にとってしまったら大火傷!
ヤバイでしょ。
(昔の建物だから混合栓じゃないのは当然だが)

ジョンの住んでいたミミおばさんの家のお風呂も酷かった。
写真を撮ってはいけないので撮れなかったけど
風呂の蛇口も混合栓ではなく熱湯と水の2つの蛇口が並んでいた。
昔のお風呂屋さんもそういえばそうだったな。
じゃ、いいか(笑)・・・

どちらも古いからそういうことなんだね。


写真を良く見ると奥に個室があるんだけど大きなトイレットペーパーがいたずらされて床に
転がってた(笑)

基本的にイギリス人の男性(女性は知らないけど)はトイレの後、手を洗わないよね。
(あんちゃん・☆のUK滞在中の勝手なリサーチ。
だから写真のレストランの洗面のトップが濡れてないんだな)

だからこれでOKだった!って事にして一件落着。


それとは別に店の中のドアなんだけどさ・・・




CIMG3536.jpg

壊れているんだよ。壊されているのか?わからないけど。

ここ、お客が通るところなんだよ。
せめて茶色い紙でも貼れば良いのに・・・

酷いネ~。なんとも思わないのかね?

これで平気で営業しちゃうんだから・・・






さて、今回のUKツアー中、最高の「オバカ」と言えば今回滞在した
リヴァプールの高級ホテル「ハードデイズナイトホテル」だ。

今年の2月に完成し、せっかくだからと高額出して泊まってみたんだ。

泊まるのが決まってからは高額と言う事もあって勝手な妄想がドンドン膨らんじゃって
ディズニーランドホテルのロビー見たいのを想像していたんだ。

広くって、吹き抜けで、贅沢で・・・って。

そしたらすげ~小さいホテルでね。
ロビーなんか狭い狭い。
ビジネスホテルに毛がはえたくらいなんだ。
(「大人のビジネスホテル」って意味ではない(笑)

先ずは各部屋の入口のドア。


CIMG3494.jpg

木製でオートロック形式なんだけど建付けが非常に悪い。
ドアがちゃんと閉まらない、っと言うかオートロックが効かない。

思い切り閉めないと鍵が掛からないんだ。
どの部屋も同じもんだから誰かが部屋から出る時に大きな音でドアが
バタンッ!っと閉める音が響くんだよ。
「あっ、久保ちゃん部屋でたな」って直ぐわかる(笑)


そういえばロンドンのホテルも部屋の鍵が特殊でなかなか空かなかったよ。
不便だったな~。


CIMG3496.jpg

僕が泊まった部屋。
これがまた超狭いんだ。
珍しいよね、高額なくせにこんな狭いなんて。
ある意味イギリスならではなのかも。

写真に見えるこの空間だけしかないんだよ。
正にビジネスホテルって感じでしょ。

それが超腹立つ事があってね。

毎日数回のライブがあるでしょ。
シェアの衣装と黒いスーツと黒いベストの3種類の衣装で
乾かしながら次々とライブをこなしていた訳ですよ。

衣装がびしょ濡れになるから写真の様にシェアの上着を窓の風通しの良いところ
に干していたんだ。(もちろんちょっとだけ窓をあけてね)

で、ある日ライブが終わって次のライブに備え、シェアの衣装に着替え様と
部屋に戻ってみたら奇麗にベットメイキングが済んでいたんだ。

さ~て、部屋も奇麗になったし、さっさと着替えてロビーに出よう!
って窓に掛けてある衣装を取ろうとしたら「ガビ~~~~ン!!!」

スーツが半分窓の外に出た状態で窓を閉めていきやがった!
しかも窓を閉めるレバーハンドルを見事に下までガシッ!っとロックしてあった。
(半防音の様な窓でハンドルをロックすることで密閉性が増すタイプの窓なんだよ)

見事にスーツは折りシワが「バ~ン!」と付いてね。

よくよく見てみたんだ。
密閉性の良い窓なので布を1枚でも挟んで窓を閉めようとすると
ロックのレバーハンドルがそう簡単には下りないんだよ。抵抗が掛かってね。

同じタイプの窓が一部屋に4箇所あるんだ。
この窓だけロックがきつければ
スーツが挟まってることに気が付くはずでしょ?

ダメだな、このホテルは・・・






更に凄いのは水廻り。

そう、洗面、トイレ、浴室だ。


長くなりそうだから「最終回」と言いながらも急遽、予定変更!(笑)

これは次回に紹介しますね~。





nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 変な看板等 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。